パチスロ攻略!!トップページ > パチスロ&オンスロ実践記 > 保通協(保安電子通信技術協会)とは?

保通協(保安電子通信技術協会)とは?

パチスロをやっている人であれば、この保通協って言葉を聞いた事があるのではないでしょうか??

パチスロ機が世に出る前に、全てのパチスロ機は規定(風営法の一部に記載)を満たしているかどうか検定を行います。その検定を行う機関がこの保通協です。国家公安委員会(簡単にいえば警視庁)の指定試験機関になります。

この検定試験の手数料は、1機種につきパチンコでは約152万円、パチスロでは約181万円ものお金が掛かります。「おいおい、取りすぎでしょ」ってな感じでよく批評されてますね。

ちなみに、4号機がパチスロ店から消えるのは、この保通協の検定通過から3年となっており、主要機種の検定切れ一覧は下記の通りです。

2007/06/30  おそ松くん、鬼浜爆走愚連隊、鬼武者3、お見事!サブちゃん、回胴黙示録カイジ、キングオブキングパルサー、 キングオブマウス、 サイボーグ009、天下布武R、 忍者ハットリ君V、ニューパルサーRZ、パチスロだよ黄門ちゃま、秘宝伝、プラネット999、ポパイ、麻雀物語、夢夢ワールドDX

07/06  巨人の星3
07/14  押忍!番長
07/25  7CAFE
07/30  北斗の拳SE
08/04  アラジン2エボリューション、ヒデキに夢中!
08/18  スーパーハナハナ30
08/30  ジャイアントパルサー
09/17  真モグモグ風林火山 
09/23  トゥームレイダー
09/24  ウィニングポスト、 燃えよ!功夫淑女
10/01  俺の空

↑このページの先頭へ