パチスロ攻略!!トップページ > パチスロ&オンスロ実践記 > 管理人のパチスロ攻略術(やめ時・打ち時等)

管理人のパチスロ攻略術(やめ時・打ち時等)

管理人のパチスロ攻略術を公開しております。 前回は 店選び・機種選び について説明しました。 今回は、パチスロ攻略においてのやめ時や打ち時の重要性をまとめました。

適当なゲーム数で打ち適当なゲーム数で止めていたのでは、トータルで勝つ事は、かなり厳しいのです。パチスロ攻略において、やめ時、打ち時を徹底する事は非常に重要です。


やめ時、打ち時を徹底すべし!!

パチスロ全ての台には、打ち時&やめ時があります。 適当に打って、適当に止めてたのでは、必ずトータルで負けます。

自分なりに打つべき根拠と打たない根拠を持った上で日々立ち回り、打つ&打たないの一貫した基準を機種ごとに決めておいて、それを徹底するのです。

◆打ち時に関して

そう簡単には、高設定台を拾える事は出来ません! 普通の人は、一通り空いてる台を見て周り、空いてる台の中でましな台をを打つでしょう。

管理人は、自分なりの打ちべき基準に当てはまる台がなければ、打ちません。
ボーナス確率、イベントの内容、ゾーン狙い等、機種毎に打つ基準を決めておくのです。

とにかく打つ基準の台が空くまで、待ちます。 それでも打てる台が見つからなければ、他の店に行く!!もしくは、帰る!!

無駄打ちをなくす事は、トータル収支を安定させる為に非常に重要です。

◆やめ時に関して

ストック機が主流の4号機時代では、「やめ時」というのは、勝敗を左右する重要な要素の1つでした。 というのは、ゾーン狙いやハマリ狙い等の立ち回りでは、複数の台を打ちまわる為、やめ時が勝敗を左右する事が多かったからです。

今後の5号機時代では、4号機時代ほど複数の台を打ちまわる事がない為、「やめ時」の重要性はあまりありませんね。

ただ、5号機でのやめ時は「ボーナス後0ゲーム」を徹底しましょう。

4号機のように意図的にボーナス放出率の高いゲーム区間を作っていたストック機や一定ゲーム数の高確率状態があるAT機とは異なり、5号機では、ボーナス後0ゲームが一番ボーナスに遠いゲーム数です。(もちろんRT・CTがある場合は、終了後ですよ)

もしかして、あと数ゲームでボーナスがかかるのでは?と考えズルズル打つ事は非常に危険です。  そうやって、やめ時を曖昧にしてしまう事が負ける原因の1つです。

やめ時の場合、打ち時と違って打つか止めるかは自分次第、こうなれば、もうそこは意思がいかに強いかの問題です。

常に一貫したやめ時を徹底する事は、非常に重要なのです。

5号機の場合、プラスマイナス1万前後の勝負になることが多くあります。
0ゲーム止めを徹底すれば、かなり収支は、安定します!

やめると決めたらズルズル打たずに0ゲーム止め!
5号機ではこれを徹底しましょう。


知らない台は打つべからず!!

知らない台を打つということは、当然、打ち時もやめ時も高設定のポイントも分からないという事です。

ボーナス回数が出てる台を打つならまだしも、新台というだけで、興味本位で打ってしまう事は、生肉をぶら下げてアマゾン川にダイブする位、危険です。

間違いなくピラニアの餌食もしくは、ピラルクに丸呑みされるかも・・・とは言っても、知らない台を打つのは結構面白くて、意外と早くかかったりするんですが、やはり負ける確率はかなり高いでしょう。

高設定を確実に入れてる等、勝つ要素がある場合のみ打ち、深追いはやめましょう。
どうしても打ちたければ、お金を決めて、遊び打ちの程度にする事!


財布をからっぽにするまで打つべからず!!

打つべき台を打っていれば、財布が空っぽになるまで打つという事はそうそうありません。

たいていは、負けすぎて思考能力がなくなり、惰性で打ってしまう場合でしょう。 人は、 お金がコインに変わると、コインはお金であるという感覚が無くなります。

無駄な投資はビタ1文しない!! ギャンブルの恐ろしいところは、負けた金を取り返そうとして、冷静な判断が出来なくなる事なのです。

ギャンブルをしていると金銭感覚がなくなりがちですが、今日で終わりではないのです。
明日の為に、無駄なお金を使うのは止めましょう!


運のリズムについて

運のリズムは、確実に存在します。
打つべき台を打って確率に嫌われて負ける日も当然あります。

毎日勝とうなんて、思っちゃいけません!! いかに負けないか、いかに負け額を抑えるかが トータル収支を左右するのです。 何をやっても駄目な時は、出来るだけ負けの少ないうちに家に帰ることをお勧めします。

↑このページの先頭へ